「アスタミューゼ有望成長領域レポート」を更新、新規20領域を含む全136領域をカバー 市場参入やイノベーション創出の糸口に - 日経テレコン21からのお知らせ

カテゴリー:English Menuアジア経済ニュースきょうの新聞サポートシンプル版データ&ランキングナビ型記事検索ニュースマイフォルダリストで検索人事検索企業検索名称変更専門情報提供内容の拡充・更新・変更提供終了・休止料金改定新コンテンツ新サービス新着記事最新の雑誌業界情報法務・知財アーカイブ画面・機能・操作記事検索障害情報

「アスタミューゼ有望成長領域レポート」を更新、新規20領域を含む全136領域をカバー 市場参入やイノベーション創出の糸口に

2020年 7月 9日

「アスタミューゼ有望成長領域レポート」を更新しました。
企業・特許情報のビックデータ分析をもとにアスタミューゼ株式会社のアナリストが執筆した"未来を創る2025年の有望成長領域136"のレポートを提供します。
新たに医療やモビリティ分野などの20領域を加え、全体で136領域を取り上げています。また、各レポートでは「市場への資金流入額(成長期待値)」や「バリューチェーン概要」「参考文献」が追加され、これまで収録していたレポートよりさらに充実した内容になっています。
 新たな市場への進出やイノベーションの創出に、先端分野のアナリストが分析したレポートをご活用ください。

136領域の一覧はこちら

【レポート構成(★が新たに追加された内容)】
1. はじめに - 未来を創る 2025 年の有望成長 136 市場について
2. 用語解説・掲載企業について
3. 各領域の市場について
 A. 市場概要
 B. 市場規模予測・成長段階
 C. 市場への資金流入額(成長期待値)★
 D. 主な技術要素
 E. 主なプレイヤー
 F. 主な技術・製品・サービス
 G. バリューチェーン概要★
4. 参考文献★

【新規の収録領域】

産業分野 領域名
医療 データヘルス・医療ビッグデータ
生体情報・デジタルヘルス
メタボロミクス・プロテオーム・omics
高血圧・脂質異常・糖尿病・メタボリック症候群
インテリジェント義肢・サイバネティックボディ
ナノバイオロジー・分子ロボティクス・バイオセンサ
モビリティ コネクテッドカー・テレマティクス
交通/物流IoT
海洋航空宇宙 海上・海中通信
資源 水インフラ開発・水質保全
農業食品 調理AI・ガストロフィジックス・フードコンピューティング
空間材料 スマートオフィス
エレクトロニクス 次世代ディスプレイ
フレキシブルデバイス・有機エレクトロニクス
有機EL

   

«   2020年7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

アーカイブ

これまでのお知らせ

日本経済新聞社について
個人情報の取り扱い |  本社採用案内 |  会社情報・お知らせ
NIKKEI Nikkei Inc. No reproduction without permission.