「CQM経済予測レポート」を追加 - 日経テレコン21からのお知らせ

カテゴリー:English Menuアジア経済ニュースきょうの新聞サポートシンプル版データ&ランキングナビ型記事検索ニュースマイフォルダリストで検索人事検索企業検索専門情報提供内容の拡充・更新・変更提供終了・休止料金改定新コンテンツ新サービス新着記事最新の雑誌業界情報法務・知財アーカイブ画面・機能・操作記事検索障害情報

「CQM経済予測レポート」を追加

2013年 7月 29日

記事検索メニューで「CQM経済予測レポート」の提供を始めました。ITeconomy Advisors, LLC が手がけているCQM(Current Quarter Model:超短期経済モデル)による米国と日本の週次経済予測レポートを日本語で提供します。

この予測は1980年にノーベル経済学賞を受賞したローレンス・ロバート・クライン教授(ペンシルバニア大学)によって開発された超短期モデル(Current Quarter Model)をベースに、国民所得統計と約50~70の月次経済・金融統計の項目を予測しています。
この統計式は純粋に計量経済学の手法に基づいており、予測値に対して任意の調整などはされておりません。そのため、毎週この予測を繰り返すことにより、その週に発表された経済・金融統計の景気への影響を調べることができます。
CQM予測は約20年の実績があり、景気の転換点を市場のコンセンサスより1,2カ月程度早く捉えることができます。

米国経済予測のサンプルを下記のリンクからご覧いただけます。
サンプル1 ※1~3月期米GDP(速報値)の最終予測
サンプル2 ※付録つきレポート「金融政策と成長戦略に不可欠な潜在成長率の実証分析」
 

 【 収録内容 】

米国経済予測は2000年5月8日以降、日本経済予測は2013年7月1日以降をPDFで提供します。
米国経済予測は月曜日8時までに、日本経済予測は月曜日の日中に更新します。

【 利用方法 】

記事検索メニューのデータベース選択で、「調査・研究・マーケティング」の「研究・調査・レポート」の「CQM経済予測レポート」を選択してください。

キーワード入力欄で下記の媒体略号をコマンドBR(半角)で指定すると、各予測の最新レポートがそれぞれ検索いただけます。
・米国経済予測:BR=CQ1
・日本経済予測:BR=CQ2

【 料金 】税抜き

見出し 無料 PDF 500円/ファイル
 

   (PDFデータPDFデータ:158.2 KB )

«   2013年7月   »

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アーカイブ

これまでのお知らせ

日本経済新聞社について
個人情報の取り扱い |  本社採用案内 |  会社情報・お知らせ
NIKKEI Nikkei Inc. No reproduction without permission.