1. トップ
  2. ログイン・ご利用
  3. 目的別に利用状況・利用料金を仕分けしたい
2018年02月01日 更新

目的別に利用状況・利用料金を仕分けしたい

 

「チャージコード」を利用することで、ひとつのIDで使った利用状況を仕分けすることができます。

※チャージコードは請求書には反映されません。請求書を分ける場合は、IDを追加でお申し込み頂く必要があります。

チャージコードの利用方法は下記のとおりです。

1チャージコードを入力する

ログイン画面の「チャージコードも入力する」を選択して、ユーザーID、パスワード、任意のチャージコードを入力してください。

チャージコードは、漢字・カタカナ・ひらがな・英数記号(いずれも半角、全角入力可)での入力が40バイトまで可能です。1IDにつき、設定できるチャージコード数の上限はありません。

img_36_01.png

img_36_02.png

2チャージコードの利用状況を確認する

画面上部の「ログインユーザ名」にマウスオンして表示されるメニューから「料金確認」を選び、表示されたサブメニューから「ご利用状況」を選びます。チャージコードを選択すると、チャージコードごとの利用状況が表示されます。

img_36_03.png
img_36_04.png
この記事は役に立ちましたか? 役に立った! 0

日経テレコンについて
サイトポリシー |  サイトマップ |  個人情報 |  著作権・ご提供する情報について |  お問い合わせ |  ヘルプ・よくあるご質問

日本経済新聞社について
個人情報の取り扱い |  本社採用案内 |  会社情報・お知らせ
NIKKEI Nikkei Inc. No reproduction without permission.