利用規約

中国新聞データベースNIE版 利用規約

 

「中国新聞データベースNIE版」(以下,「本サービス」という)は,株式会社中国新聞社(以下,「中国新聞」という)が教育機関を対象に,中国新聞記事データベースその他各種コンテンツをインターネットで提供する情報サービスです。本サービスを利用される場合は,本サービスの利用規約(以下,「本規約」という)に同意されたものとみなされますので,本規約を必ずお読みください。

 

第1章 総則

第1条(本規約の範囲)

本規約は,本サービスを本サービスの利用契約者(以下,「顧客」という)に提供する際に適用され,本サービス及びこれを構成するデータベース(以下,「データベース」という),本サービスで提供するデータ,画像,映像,ソフトウェア及び本サービスを構成する全ての情報(以下,「コンテンツ」という)の利用について規定します。

 

第2条(顧客及び利用者)

1.中国新聞は,本規約を承認の上,所定の手続きに従って本サービスの利用を中国新聞に申し込んだ者の中から,中国新聞が審査して承認した者を顧客とします。

2.顧客は,中国新聞と本サービスの利用契約(以下,「利用契約」という)を締結しなければなりません。中国新聞は顧客に限り本サービスを提供します。

3.顧客の対象は,次の各号に定める通りです。

(1)小学校・中学校・高等学校・特別支援学校(以下,「学校」と総称する)

(2)県市町村の教育委員会

(3)その他上記(1)(2)に準じる者で,中国新聞が特に認定した者

4.顧客は自らの学校または組織(以下,「組織」という)に所属する教職員,児童・生徒等の利用者(以下,「利用者」という)に,本規約に従って本サービスを利用させることができます。

 

第2章 著作権

第3条(著作権その他の権利)

1.顧客は,本サービス及びデータベースの著作権は中国新聞もしくはデータベースの著作者(権利承継者を含む)に,本サービスで閲覧・利用できるコンテンツの知的所有権など全ての権利は中国新聞もしくは中国新聞への情報提供者に帰属することに同意します。

2.本規約で規定される中国新聞にかかる免責条項は,全てデータベースの著作者及び中国新聞への情報提供者にも適用されます。

 

第3章 利用方法と利用の範囲

第4条(本サービスへのアクセス)

1.中国新聞は本サービスへのログインに必要な利用者認識記号(以下,「ID」という)とパスワードを顧客に提供します。顧客は,このIDとパスワードを使って顧客の端末機器(以下,「利用端末」という)から本サービスにアクセスすることができます。

2.利用端末は顧客の施設内に設置された機器で,かつ顧客の管理下にあるものに限ります。

3.顧客は利用者に本規約を明示し,その条項に従って本サービスを利用させるものとします。

 

第5条(利用の範囲)

1.顧客及び利用者は教育・学習目的での利用のために,本規約の範囲内で本サービス及びコンテンツを利用できます。だだし,その利用は顧客及び利用者が所属する組織内での利用に限ります。

2.利用者である教職員は本サービス及びコンテンツを利用して教材や問題を作成することができます。また,利用者である学校の教職員は,作成した教材や問題を教育・学習目的での利用のために紙媒体の複写物として児童・生徒に配布できます。

3.利用者は本サービス及びコンテンツを利用して記事やデータ等をまとめることができます。

4.第2項及び第3項において作成した記事やデータ等のコンテンツを転載した教材,資料等について,中国新聞からの書面による事前承諾を得た場合を除き,次の各号に定める行為はできません。また,中国新聞以外の著作者に著作権が帰属するコンテンツを,著作権法上の自由利用が認められた範囲を超えて利用することはできません。

(1)本サービスで提供される情報を利用した商品を生産すること。

(2)顧客及び利用者が所属する組織内以外で配布,利用すること(CD-ROM,MOその他の電子媒体に収録して配布することを含む)。

(3)本サービスで提供されるコンテンツ,マニュアル等またはそれらを翻訳・翻案したものを新聞,雑誌,情報サービスなどの各種メディアおよび各種サイト,メールサービス等に転載,投稿すること。

 

第6条(目的外利用の禁止)

1.顧客は,著作権者の許諾を得ずに著作権法及び本規約で許諾された範囲を超えてコンテンツの一部または全部を複製,公開,送信,頒布,譲渡,貸与,翻訳,翻案,転載及び改変をするなど,中国新聞及び第三者の権利を侵害する一切の利用を自ら行わず,また利用者に行わせないものとします。

2.前項は利用契約の有効期間終了後も有効とします。

 

第4章 利用契約と利用料金

第7条(利用料金と支払い方法)

1.本サービスの利用料金は別表で定めます。

2.顧客は本サービスの利用料金その他の支払いを,中国新聞が指定する方法で行うものとします。

 

第8条(利用料金の変更)

中国新聞は顧客に対して文書または本サービスの画面で通知後,利用料金を変更することがあります。変更後の料金は,当社が定めた月から有効とし,利用料金の支払いが完了しているものへの追加,払い戻しはしません。

 

第9条(料金)

1.本サービスの利用料金は,毎月1日〜毎月末日までの1カ月(以下「1カ月」という)単位とし,1カ月の中途で利用契約を開始した場合,1カ月の中途で第17条(利用契約の解除)により利用契約が終了した場合でも,1カ月分の利用料金が発生します。

2.利用契約有効期間内に第17条により利用契約が終了した場合でも,いったん支払われた利用料金はお返ししません。

 

第10条(利用契約期間)

利用契約の有効期間は,中国新聞が顧客に本サービスの利用を許諾した日から1年経過後の月末日までとしますが,期間満了日の30日前までに顧客,中国新聞のいずれからも文書による本サービスの利用終了(以下,「解約」という)の申し出がないときは1年間延長するものとし,以後も同様とします。

 

第11条(利用申し込みの拒否)

以下の項目に該当する場合,中国新聞は利用契約の申し込みを拒否します。いったん利用契約が締結された場合でも,その契約を無効とします。

1.利用契約の申込内容に虚偽の記載があった場合。

2.利用契約の申込者が本規約を順守できないと中国新聞が判断した場合。

3.その他,顧客として不適格であると中国新聞が判断した場合。

 

第5章 利用条件

第12条(機器)

1.本サービスを利用するために必要なパソコンなどあらゆる機器,ソフトウェア,通信手段等は顧客の費用と責任で用意するものとします。

2.顧客が本サービスを利用するために要した通信料金は,顧客が負担するものとします。

 

第13条(利用環境)

1.中国新聞は,本サービスを利用するために必要な設備の利用環境(以下,「利用環境」という)を別表で示します。

2.顧客は,顧客が準備した設備が利用環境に適合していない場合,本サービスの利用ができない場合があることを了承します。また顧客は,利用環境での利用にもかかわらず,顧客固有の利用環境,機器の設置等によっては本サービスの利用ができない場合があることを了承するものとします。

3.顧客が第12条(機器)及び本条に従って必要なソフトウェアを導入していなかった場合に発生する同ソフトウェアの著作権等にかかわる問題については,顧客が責任を持って解決し,中国新聞には一切迷惑をかけないものとします。

 

第14条(本サービスの提供時間と一時的な中断)

1.本サービスのサービス提供時間は,原則として1日24時間とします。

2.前項にかかわらず,中国新聞は次の各号に該当する場合には,顧客に事前連絡することなく,やむを得ず一時的に本サービスの提供を中断する場合があります。この場合,中国新聞はできるだけ速やかに提供を再開するよう最大限の努力をしますが,利用契約の不履行の責任は負わず,中断期間に相当する利用料金の返還は原則として行いません。

(1)システムの保守,点検を緊急に行わなければならなくなった場合。

(2)火災,停電などにより提供不能となった場合。

(3)地震,火山の噴火,洪水,津波などの天災により提供不能となった場合。

(4)戦争,暴動,争乱,労働争議などにより提供不能となった場合。

(5)その他,運用上の理由,技術的理由などで提供不能となった場合。

 

第15条(本サービス提供の遅れ,消失)

インターネットおよびネットワークの問題などに起因する本サービスの提供の遅れ,端末の故障等による消失については,中国新聞に故意または重大な過失がある場合を除き,中国新聞は責任を負いません。

 

第6章 ログイン情報管理

第16条(ログイン情報管理)

1.顧客及び利用者は本サービスにかかるID,パスワードを適正に管理しなくてはなりません。第三者に開示,漏洩,貸与,譲渡等してはならず,かつ第三者と共有しないものとします。

2.顧客のID,パスワードによりなされた本サービスの利用は,当該顧客によりなされたものとみなし,顧客がこれにかかわる一切の責任を負うものとします。

3.中国新聞は,顧客のID,パスワードが第三者に使用されたことによって当該顧客が被った損害については,当該顧客の故意過失の有無に関わらず一切責任を負いません。

4.顧客は,ID,パスワードを失念した場合,盗まれた場合,もしくは第三者に使用されていることが判明した場合,直ちに中国新聞に申し出るものとし,中国新聞の指示に従うものとします。

 

第7章 利用契約の解除,解約

第17条(利用契約の解除)

1.第10条(利用契約期間)の規定にかかわらず,顧客が手形及び小切手の不渡りを出したとき,破産,民事再生,会社更生手続き,会社整理もしくは特別清算申立があった場合,支払いを停止した場合,手形交換所の取引停止処分を受けた場合,もしくは差押,仮差押または滞納処分を受けた場合,その他これに準ずる場合は,中国新聞は催告なしに利用契約をただちに解除することができます。

2.顧客側にIDやパスワードの不正利用があった場合,その他本規約に違反した場合は,中国新聞は利用契約をただちに解除もしくは本サービスの利用を停止することができます。

3.本サービスの利用に関する料金の支払遅延その他の債務不履行があった場合は,中国新聞は利用契約をただちに解除もしくは本サービスの利用を停止することができます。

4.第2項において中国新聞が求めた場合,顧客は本サービスを不正に利用して得たコンテンツ及びコンテンツの複製物の一切を中国新聞が指定する方法で処分するものとします。この規定は中国新聞から顧客への損害賠償請求を妨げません。

5.中国新聞は,本条に基づき中国新聞が行った行為により顧客に生じた損害について,一切責任を負わないものとします。

 

第18条(解約)

1.顧客が本サービスの利用契約を終了(以下,「解約」という)する場合,中国新聞に通知し,中国新聞が指定する方法で解約手続きを行うものとします。中国新聞が確認したことをもって契約が解除されたものとします。

2.解約手続きが完了した時点で残契約期間の効力は消滅し,本サービスを利用できなくなります。

 

第8章 個人情報

第19条(個人情報)

1.本サービスを提供することにより中国新聞が得た個人情報は,中国新聞で厳重に管理します。また,個人情報については,法律で定められている場合を除いて第三者に対して提供することはありません。また個人情報の管理を業務委託する場合は安全管理上,十分な措置がとれる提携先を選定し監督を行います。

2.顧客本人から個人情報の開示を求められた場合は,法律による非開示理由を除き,本人を確認した上で開示します。内容の訂正,追加,削除,利用停止を求められた場合は調査し,請求に理由があれば必要な措置をとります。

3.顧客は本サービスを利用することにより得た個人情報について,プライバシーの尊重と個人情報の保護に十分留意し,適切な方法で利用し,管理することに同意するものとします。

 

第9章 本規約の変更

第20条(本規約の変更)

本サービスの改善などのため,中国新聞は顧客の了承なく,データベース等のプログラム,通信手段,情報内容もしくは本規約の一部を変更する場合があります。変更に際しては,顧客にその内容を直接,もしくは中国新聞が提供する手段を通じて案内・告知します。変更内容は顧客に通知した時に変更の効力が発生するものとします。

 

第10章 一般事項

第21条(損害賠償)

1.中国新聞は本サービスの提供,提供の中断,提供中の事故等によって,直接または間接的に生じた顧客または第三者の損害については,その内容,方法のいかんにかかわらず賠償の責任を負いません。また,顧客は本サービスに基づく第三者との損害賠償請求などの訴訟に,中国新聞を引き込まないことに同意するものとします。

2.顧客が本規約に反した行為,または不正もしくは違法な行為によって,中国新聞に損害を与えた場合,中国新聞は当該顧客に対して相応の損害賠償請求ができるものとします。

 

第22条(免責)

本サービスで提供するコンテンツは,中国新聞が信頼できると考える情報源に基づき中国新聞が提供していますが,その正確性,安全性,有用性,完全性等を保証するものではありません。中国新聞は,本サービスの誤りを訂正するため自己の費用で合理的な努力を尽くしますが,中国新聞の責任はそのような訂正の費用に限定され,コンテンツの利用によって生じた損害については一切の責任を負いません。

 

第23条(地位移転の禁止)

顧客は中国新聞の書面による同意なしに利用契約及び本規約に基づく権利,義務を譲渡することはできません。

 

第24条(適用法)

本規約の実施に際して適用する法律は,日本国の法律に準拠するものとします。

 

第25条(管轄裁判所)

顧客と中国新聞の間で本規約に関して紛争が生じた場合,広島簡易裁判所または広島地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

 

第26条(信義誠実の原則)

本規約に定めていない事項または利用契約及び本規約に関する疑義が生じた場合,顧客と中国新聞は信義誠実の原則に従って協議し,解決に努めるものとします。

 

第27条(附則)

本規約の施行日は平成23年8月1日とします。

変更 平成23年9月14日(前文,第2条,第4条,第5条,第17条,別表1)

       平成26年4月1日(別表1)

 

 

 

 

別表1

中国新聞データベースNIE版 利用料金表(第7条第1項)

中国新聞データベースNIE版 料金表(月額、税別)

<小学校・中学校・高校・特別支援学校・教育委員会>
ID数 3 10 20 30 40 50
価格(円) 1,000 2,400 4,400 6,000 7,200 8,000

※上記の表に記載のないID数を希望の場合、ご相談ください。

<上記を除く顧客>
ID数 3 10 20 30 40 50
価格(円) 3,000 7,400 13,200 18,000 21,600 24,000

※上記の表に記載のないID数を希望の場合、ご相談ください。


別表2

 

中国新聞データベースNIE版 利用環境(第13条第1項)

下記の項目について、中国新聞データベースNIE版トップページに記載

https://t21.nikkei.co.jp/g3/p01/LCMN0F11.do/chugoku/

バナー

Adobe Readerのダウンロード

Adobe Flash Playerのダウンロード